2017年08月27日

おんな城主直虎第34回

いやぁ。。気賀があんなことになるなんて、油断しておったわい。
だからこそ、今まで、気賀を手に入れるまで、城を築くまでを丁寧に描いてたのね。。

しかもさ、ドラマの内容よりも、最後の直虎紀行の紹介の方がエグいというのが強烈なのと、先週の井伊谷が家老一人の首で収まったのに対し、気賀はムロが逃げたせいで民が犠牲にという対比が鮮やか。

政次ロスをひきずって、井伊谷の今後がどうなるのか?と思っていたら、容赦ないわ。

直虎の心の閉じ方が、また泣けるし、
その様子に寄りそってくれる南渓和尚と兄弟子達。

でも、南渓和尚の心のケアも頼みます!!!
次郎のPTSD(政次ロス)も心配やけど、和尚さんの辛そうな表情を見てるこっちが辛い。
そりゃあ、良い人だった鈴木さんにも嫌味のひとつも言うやろ。

政次の時世の句が、直虎の目を現実に引き戻すきっかけになったのですね。

白黒を
つけむと君を一人待つ
天つたう日ぞ
楽しからずや

この句、本当によくできてて、
私は3パターンの意味があるな、と思ったのですが。
まず、「天伝う」は「夕日」の枕詞なので、「日」は沈む日を指してます。

【1】34話で昊天さんの解釈
あなたがこちらに来て、碁ができる日をあの世で待っています。
一人で待つのも悪くないからゆっくりおいで。

【2】二人が碁を打つのは人目をはばかり夜であったことを踏まえて
あなたと碁を打つ時を一人待つ、黄昏時のなんと楽しいことよ。

【3】井伊家を裏切って罰を受ける家老として
あの世で決着をつけようぞ、井伊家が滅ぶ日が待ち遠しい。

考えれば考えるほど、深く味わいがあるなぁ。

posted by みっち at 23:35| Comment(0) | 大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

おんな城主直虎第33回

お久しぶりです。
直虎、見てますか??
私は見てますとも!!

というか、ほぼ放置になってしまった、朝ドラ感想ブログですが、「ひよっこ」ももちろん見ております。
感想書いてないけど、めちゃくちゃ楽しく見てます。

しかし、ここまで何も書いてこなかった直虎について。

だって、だって、あの政次がぁ。。。゜゜(´□`。)°゜。
まさか、想像の上を行くあんなシーンになっているなんて。


衝撃すぎて、日曜の夜は全く眠れず、月曜は仕事を休んでピザパーティの予定にしてて良かったと思いました!!
政次がもう出てこないのか。。と思いながらピザパーティ。

政次がもう出てこないのか。。と思いながらピザパーティ(笑)
周りの友人は大河とか見てる人居なさそうだし、誰もそういう話にならないんだけど、私は1人ピザを作りながらも、食べながらも、ふと政次のこれまでを思い返し、なんだか涙ぐみそうになりながら。

これまでの展開も、なんだか小ぢんまりしてて、スケール感に乏しいな。とか思ってたんですけど、その割には今までの女性主人公の大河ドラマにありがちな、大きな歴史に無理やり関わったりすることなく、変に主人公アゲアゲな内容でもないし、小さな国が戦国の世で翻弄される様がある意味リアルで。

柴咲コウがもうちょっと声が落ち着いてたらもっと良かったのに。
政次の件も乗り越え、今後の腹をくくった直虎からは声を変えてくるというパターンだったらうれしいんだけど。

で、本題なのですが。
やっぱり8月入ってからの、歴史の流れに飲み込まれる様と、ずっと前の子ども時代の1月がボディーブローのようにさらに効いてきてて
33話目にして、涙腺決壊。。

一見、何の関係のないような小さな物語をつむいできてたのが、一気に命をかけた大芝居に繋がったのがもう!

こんなにも涙が出るのか?!と。
まぁ、私は簡単に泣く方なのですが。

私の陳腐な予想だと、政次の思いが死の間際に、もっとわかりやすく解決というか消化されるものと思ってました。
なんつーか、思いを伝えて、軽く口吸いなどいたすのではないかと。
そして愛した者のために死んでいく政次・・・。
だって、ある意味そういうのでキュンキュンモンモンもしたいやん!!
きっとそれでも見てる方は想定内の満足感を得られたと思うんだけど、

しかし、想像をはるかに越えた愛と覚悟。
こんなにも心を揺さぶられるとは思ってなくて、もうどうしていいのかわからない。
戦国時代、国を守るのに、そんな男女の愛だのを主軸におかねーよ!
もっと大きなもののために生きて死ぬんだよ!
って一蹴されて、むしろ気持ちいい。

思い返せば、このドラマは
命を家を、つないでいくことを第一に描いてきたように思う。
タイトルバックからして命をつなぐがテーマだし。

直親が帰参した際、出家が本領安堵と引き換えであるために簡単には還俗できない。だから、おとわは死んだことにして、名も無きおなごになって直親と結婚しては?という話があったけど、
いざという時に、直親に何かあった時の切り札として井伊の血を引く自分が存在しなければならない。
自分は出家の身で生涯を終え、日の目を見なくても良い!と決断をしたおとわだけど、
これがまんま、政次の決断につながっていくんだよなー。

何話目であったか、
「守るべきものを守るために死んでいける男は果報者でござるのです」

書きたいことはたくさんあるんだけど、文章にならねぇ。
特に、高橋一生ラブ!とか(笑)
目の動き、首の角度だけで語る語る。

はぁ、、もう一度見たいんだけど、見るほうも覚悟がいるなぁ。


posted by みっち at 01:59| Comment(0) | 大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ひよっこ第20話

はぁ〜
9係はいいメンバーだなぁ。


君子さん、田神先生が出てきて、いい人っぷりを発揮して、
そして朝イチでイノッチを見ると、いいメンバーでよかったね。
って気分になる(笑)

宗男おじさん「つまんねぇ人間なんてどこにもいねぇよ」
私もパッとしない平凡な人間なので、そういう事を言ってもらえると、なんだか救われる。

ビードルズを語りだしたおじさん。
これからロック街道に目覚めるんだろうか?

年明けからの就職先探しで、ないやろ?!って昨日から思ってたのですが、和久井映見の登場で、
ハハ〜〜ン、なんやかんやあって、この会社にいくのだな。
とバレバレになって、すごく安心してしまうのでした。

こういう電話のやり取りひとつとっても、
「4月からお世話になる生徒も今後、よろしくお願いします」
って田神先生が先の電話で話してるのを聞いてるから、和久井さんの反応だけで、
あ〜先生は4月からお世話になる他の生徒のお願いをしてるだな。ってわかるわけで、そういう部分が、すごく上手いドラマだなぁ〜と思います。





今さらながら、渡瀬さんが亡くなられたのが早すぎるなぁ。。と。


こころの感想

しばらく見れないうちに、実家へご挨拶へ。
まだ倖ちゃんとはギスギスしとるんですな。

お義父さんのツンデレ。

posted by みっち at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

ひよっこ第17話〜第19話

茨城出身の警察の人って日曜劇場でも警察官やんな?
知らない役者さんなのに、既視感があったが、やっぱり。

車掌さんの仕事への矜持も見せてくれるし、君子さんの心遣い、というか、美代子さんとの今までの関係や友情も見せてくれるし。

大晦日に帰ってくる予定だったなんて。。。どんだけ働くんだよ、父ちゃん。

バス停で待つ兄弟3人。
やっと来た最終バスが、トトロの猫バスっぽかった。

バス停まで自転車で20分やろ?
いつもそれが頭によぎって、徒歩だとどんだけ!!!って気になって仕方ないんですけど。

正月に父が帰ってこなかったら東京へ働きに行くと決めたみね子。
それを決めて、みんなに伝える役目までさせてしまったことを謝る母ちゃん。

もう・・・なんか、なんかな!!
゜゜(´□`。)°


就職する!って決めたけど、1月の時点ですぐに決まるもんなんかな?
時代的には超売り手市場なんやろうけど。

ちょうど昨日、友達の店がオープンして、オープンイベントで餅つきしたんですよ。
餅つきって楽しいよな〜。
やっぱりつきたては最高やし!!






こころの感想

見れませんでした。
posted by みっち at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ひよっこ第16話

どこかイラッとするアナウンス。

便乗。あやかろうと。
いかにも三男と言われる三男。
おばあちゃん。
重鎮なじいちゃん。
めんこい千代子。
もやしっ子とは違う田舎っ子。
(気持ち悪く笑う三男)
夢の翼が折れないことを何度も祈られる時子。
これでも昔は一二を争う。田舎も侮れません。
→→侮どんな!!
まるで金メダルでも取ったかのような。

内容はどうであれ、NHKがめっちゃ時間割いて放送してくれてるやん!!

1日でリアルタイムの様子を。
次の日にはニュースで編集された様子を。

前日とほぼ同じ内容なのに、本人たちが見ながらアナウンスにつっこみを入れるという構造が面白い。

映ってる人の事情とかを知らない、(どこか田舎を見下してる)東京の人が好き勝手に編集すると、あんな風になるんだな。
まぁあそこまで癪にさわること言わないだろうけど。

お父さんが、国立競技場を作ったことを誇らしく思う子どもたち。






こころの感想

あまりにも見てなくて、今日初めてこころが客室乗務員?であることを知る。
CAと医者のカップルって、全然伝わってなかったトレンディな設定。

なぜに、のっぺ汁を玄関先に置く?
というか、その箱型の容器に汁物を入れる?

posted by みっち at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ひよっこ第15話

ありゃ!
1話で準備からゴールまで終わっちゃったよ!

あんな短い期間であれだけのイベントにしちゃうなんて、
奥茨城村の青年団、ここにあり!
は伊達じゃなかった。


耳の遠いおばあちゃんの演技くささ。
化学の藤井先生のスゴさ。
でも、花火みたいにシュッシュと燃えすぎやろ。燃料がよくもったもんだ(笑)

稲刈りが終わってから聖火リレーの開催まで、2週間以上は経ってるやんな?
稲刈り相当早くない??
あの頃まだ半袖の制服で、なんか季節感がちょっとズレてるなぁ〜って思ってたんやけど。

山手の地域は温度差が多少あるから、早いのかもな〜。

みんなそれぞれに思いを乗せて、つなぐ聖火。

沿道で応援する時に降る、小さい国旗。




こころの感想

見れませんでした。

posted by みっち at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ひよっこ第14話

そうそう、三男が「生まれた時から村を出て行く運命・・・」
って言ってたのが気になってたんだよ!!

だって、裏を返せば、長男は他の場所でやりたいことがあっても出て行けない、家や土地を守っていかねばならないってことで、そっちの方が選択の余地がなくて、望んでない人にはキツいやん。
東京へ出て行ったからといって、ふるさとはには兄がいる。
自分が生まれ育った家を兄が守ってくれてるということが、どういうことなのか、高校生達に考える機会になった。

このドラマ、話をしている人だけじゃなく、どんな気持ちで聞いてるのか、どんな顔をするのか?って気になる人が画面に入るのが、すごくスッキリするんです。

今日の三男が「出て行きたくもないのに、村を出て行かなきゃならない」
と話しているのを聞いてる母親の顔とか。
そりゃ、息子への愛情は3人目だからといって薄まるわけじゃないし、もうすぐ東京へ旅立つ息子の思いを聞いて、どう思ったんだろう。

それにしても、思いのほか、あっさりと青年団は落ちたな。
ある意味、団長の一存で決まったようなもんだけど。

駐在さんには、酒1本。NHK職員の弱みを握ってる。
さすが、田舎。
さすが、昭和。

最後、三男は時子(みね子含む)と抱擁できて、
全ての願いが成就ではないか!!


プレゼンが理論ではなく、情に訴える方が、ドラマとしては面白いんだけど。
現実にはそうもいかねぇ。


こころの感想

見れませんでした。

posted by みっち at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする