2017年12月07日

わろてんか第57話

地獄の踊り合戦がガチで体力勝負だった。

燃え尽きた籐吉に、第2回の団体交渉をしたからか、
珍しくド正論をぶちかますんだけど、

今さら言うなよ〜
っていう感想にしかならない。

キースとアサリで剣のネタ(やったっけ?)で「2人でやってみたらどうや?」って言ってたあれはどうなったん?
あれはまだ隼也が歩けない時やったのに、数年経ってもその後の経過が出てこないのですが。

2つ目の寄席は玉造やった。
玉造の寄席を手に入れるために、天満から通ってたんやったら、松屋町通って帰れるやん!
すぐそばに五月人形をわんさか売ってる町を通るのに、忘れるというのがわからない。

てん「最初から一緒にやって来た家族なようなもの」
おてんちゃんの気持ちもわからんでもないが、芸を磨け!というのは当然やろ。

そこに、「妻と息子の待遇改善」って、どーしてそういう話になるかな。

てんも籐吉も、あんまりお笑いへの熱意や大好き!という思いがあるように見えないのがねー。

風太が嫌われながら、てんをアシスト!
なるほど、そういう役割を買って出たのか。。
てんはとっくに結婚してるのに、風太はどうしたいんやろう。

お夕さんが便利すぎる。
寄席の人に拾われてしまったために、その能力を発揮せざるをえない。
その夫、北村有起哉がオモロイ落語をしてくれそうな雰囲気がプンプン。

鼻毛(団吾)も北村有起哉さんも、好きやけど、細面で顔の系統が似てる気がするから、もうちょっと違う見た目の人でも良かったかも。
でもどっちも出てきたら面白くなるんとちゃうかな?と少〜し期待してしまう。

団吾はちりとてちんでは、ハナゲやったのです。
そこでも落語してたなー。


そして、義太夫をしていた北村有起哉。


日暮旅人的でもある。


【花子とアンの感想】

新潟の女の話とか、もうええやん。
朝市とばっちり。

posted by みっち at 00:53| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

わろてんか第55話・56話

何年経っても、芸に何の変化も見られない面々。
最初あんなにくだらなかったのに、今ではウケてるのはどういうこと??

・・・って数日前にも同じようなことを書いた気がするが。

芸人達の怠慢というのもあるけど、席主の籐吉が全くそのことには関心がないのがね。
今いる芸人に新ネタを考えるように促すこともせずに、人気のある芸人を連れてきたら、オールOKになると思ってるところがアカンやろ。

月の井団吾、破天荒なのはわかったけど、
肝心の芸はオモロイのかい?

団吾の破天荒ぶりに籐吉どん引きしてたやん。
変に真面目な坊ちゃんやから、合わなさそう。
その割には、団吾にえらい心酔してて、周りが見えてないし。

籐吉が勝手に心酔するのはいいけど、そもそも周りが「今流行りの芸人」って話題になってから、見に行ってるって・・・。
寺ギンなんかは数年前から目をつけてるって言ってるから、余計に籐吉の今さら感が引き立つわー。

おてんちゃん、とうとう「ハハ・・・」と笑いにも愛想がなくなってます。

お兄さまに抑圧されてる栞さま。
あれ?それ昨日の「民衆の敵」でもそういうシーンありましたよ。
2日連続で同じ(笑)

副市長になるんかな?
ま、女性トップの下で仕事のできるナンバー2のポジションはお得意でございましょう。

ひとつ書いていい?
なんかダラダラ見てるけど、民衆の敵もあんまりおもんないんですけど。




【花子とアンの感想】

たんぽぽの目、田舎の本屋でも買えるぐらいに流通しているとは、設立したての出版社なのに、やるなぁ。



posted by みっち at 00:52| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

わろてんか第54話

寺ギンと風太を待たせて、茶番。。

出た!黒田長政の兜!!

ご丁寧に黒田家の家紋まで。

でさ、風太はどういう目的なの?
敵対して、逆にてんたちを鼓舞しようとしてるの??

それよりも子供の頃からお世話になってきた藤岡屋の辞め方がひどくない?
といいますか、辞めもせずに寺ギンのところにご厄介になってたというのが驚きなのですけど。





【花子とアンの感想】

普通を褒められるはな。

この辺の記憶が全くないわ〜。
独立する編集長に、働いてる醍醐さん。



posted by みっち at 00:50| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

わろてんか第53話

薄目を開けて寝る隼也。

亀井さんの伝言から超訳に変わってるのがウケるわ。

籐吉「結婚してないからわからない」
栞「失ってから後悔しても遅いぞ」

あら、栞さまはてんと結婚できなかったことを後悔してらっしゃるのかしら?
籐吉もそれを知ってたら、こういう言い方できないよな〜。

てんと籐吉の夫婦ゲンカにばっかり焦点が当てられてて、手に入れた新しい寄席についての情報が何もない・・・。
籐吉はあのパーマ機の契約をしたという、立派な経歴があるのに、みんな不安にならないのだろうか?


【花子とアンの感想】

もも、北海道へ。

posted by みっち at 01:33| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

わろてんか第51話・52話

寺ギンの方がよっぽど筋が通ってて、志があるんじゃない?

風太が街角で寺ギンとぶつかって、どういう流れで仕事を手伝うことになったわけさ?
なんであんなに気に入られてるのか全くわからんのですが。。

隼也がいなくなったーー!ってのも、2回もいらんやろ。
むしろ、何度もするならお約束でギャグにしてほしい。

籐吉のここがダメ。
・ほっつき歩いて、仕事してるアピール。
・「ええこと思いついた!」で新寄席買うの決める。
・子どもを見ててと言われても、居なくなったことすら気が付かない。
・遅く帰ってきて、テンション高くやっと寝た子を起こそうとする。
・作った料理を台無しにした挙句、すねて食べない。
・かつて自分に思いを寄せていたリリコに子守を頼む。
・芸人の給金を手付金に当てる。

・これらのことを悪気なくナチュラルにやっている。

リリコも「師匠にも不義理してなぁ〜」ってサラリと言ってたけど、何をしたんやろう。
東京での頑張りや人気を得る過程とかが描かれないので、てん夫婦のケンカの原因を作りに大阪に帰ってきただけのように見えるわ。

同じく、栞さまも事業は順調そうなのに、働いてる感がないよねー。
ちょっとでも背景が見えたら、想像で少しは補完できるのにな。
栞さまはお菓子を持参で何をしに来られたのだろう??
芸人に謝る時間も待ってるし、ヒマ人なのか?

「兜こうて来たらええんやろ」

この言い方、ムカつくよねー。
言いつけられた買い物じゃなくって、兜の言いだしっぺは籐吉自身やったやん。




【花子とアンの感想】

おかあが、何も言わずに、黙ってももを見てくれてるのがいいな。

「朝市の鈍感!!」
はなもな。

朝ドラヒロインのお約束案件。



posted by みっち at 08:57| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

わろてんか第49話・50話

初節句、初節句って言ってるけど、今はいつの時期なんだよっ!

3月4月ぐらい?
いつまでに飾りたい!ってのがわからないから、「忘れた」って言っても、どこまで怒っていい案件なのかが見えない。

でも、それこそ、てんの実家から立派な鯉のぼりとか送ってきそうじゃない?
勘当されたのも、もはやうやむややろうし。

栞君が寄席をもう1軒とか吹き込むから、籐吉がその気になっちゃったよ。

そーいや、栞さまがチンドン屋をやらされる原因となった、冷やしあめの売り方伝授のくだりはどうなったんやろ?

このドラマは、高野さんの素晴らしかった落語が、ストーリーに何の影響も与えていないという、恐ろしいドラマやから、きっとスルーなんやろうけど。

籐吉がクタクタの理由が
むこうの席主の好きな土産物を探してた。

これは・・・あかん。ほんまにアカン人の言うことや。

籐吉のダメ夫ぶりだけが、妙にリアル。
風太もオムツ替えることもできないけど、子どもに対する愛情が見えるのに、なーんか、籐吉からは父性が見えない。

風鳥亭のみんなも、隼也のこと気にかけて、通るたびに顔を見ようとしてるのに、外から帰ってきた父親の籐吉が顔も見ずに椅子に腰掛ける・・・。

私が大阪製作の朝ドラで、いつもどこで使われるかをチェックしている、ひょうたん型の提灯が登場しました。
風太と寺ギンがぶつかった通りにかかってたよ。
ちりとてちんの寝床で使われてたやつです。なんでこの提灯、こんなに気になるんやろ。



【花子とアンの感想】

おとう、森田君押し。相変わらずの暴走っぷり。

茶飲み会。
いつも知ってるメンバーやん(笑)

「そうさな」
おじいやん化する、おかあ。

蓮子さま、美人がにらんだら、凄みがあるな。





posted by みっち at 09:15| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

わろてんか第46話〜48話

あっという間に500円完済。

いろんな儲ける仕組みを作ったのはわかったけど、肝心の笑いの質はどうした?
みんな、ずーっと同じような芸を続けてるだけやん。
オモシロなさは変わってないのに、どうして受けてるんやろう。

しかし、ずっと見てるからか、面白くない芸にも愛着が湧いてきて、ジワジワきてる自分がいる(笑)
キースの芸はあの時代だと外国ネタってどれだけの人がわかったんやろ?

盛大に1周年を祝ってたけど、その前に、寺ギンから「席主の器が小さい」って言われてたのに、その後の話にどうしてつなげないんだろうな。
あさりがシレッと戻ってきてるけど、そこに物語はないのかい?

祝言に栞さま。
藤岡家の面々は元お見合い相手があの席にいるのは微妙なんじゃ?

啄子さん、急にアメリカへ。
アメリカからの絵葉書が何回か意味ありげに映ってましたが、もう少しその差出人との関係なり、思い出話などが出てくるのかと思ったら、

絵葉書だけで伏線とする!!

というのだけはすごく伝わってきた。
びっくりしたなぁ、もう。

あっちゅう間に子ども誕生!!
びっくりしたなぁ、もう。



ほぼ3分の1が終わったのに、いまだにこのドラマの楽しみ方がわからない。。


【花子とアンの感想】

教師生活も1年経ったんやな。
ながら見すぎて、感想がないってどうよ。

posted by みっち at 01:11| Comment(0) | わろてんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする