2017年04月16日

ひよっこ第9話〜12話

細かいところが、ちゃんとしてて、人と人のつながり、気遣い、生活感、が伝わってくる。

すずふり亭の2人の温かいこと!!

実さんが帰ってくることを信じ、返そうとしてたお重を、また預かってくれる。
駅で始発を1人で待つのは心細い。
慣れてない場所で、夫の心配をしながらなら、なおさらのこと。
鈴子さんも苦労してきたのかもしれないなぁ。

高子さんの心のこもらない
「ガンバレ、ヒデぇ〜〜」
食い気味の「食べる」
だったり、
みね子が早く帰るので、2人で聖火リレーの準備をすることなり、ニヤケる三男
だったりが妙にツボる。

しみじみと歌われるひょっこりひょうたん島に泣かされる。
♪苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけどぼくらはくじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう

いばらぎじゃなく、いばらきです




こころの感想

ちょこちょこ見たり、見なかったりしてるのですが、いつの間に恋仲に??

夏の設定なのに、息が白くて寒そうなのが気になります。

あと、昔の朝ドラって、オープニングはそんなに凝ってなかったよなぁ。
いつからこんなに手の込んだ映像を使うようになったんだろう?


posted by みっち at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

ひよっこ第8話

告られる気マンマンの時子(笑)

この3人は小さい頃から、こういう関係性やったんやろうな〜と思わせてくれる。

青春映画のポスターのクオリティ高っ!!!
みね子は恋敵?木の陰から二人を見守る怪しい役。

よくわからんけど、聖火リレーを奥茨城でも独自にやりたい三男。

青年団長を務めてたというのは、地域でイケてる人になるっぽい。
高校を卒業して、地元で就職とかすると入ることになるのか。

最近の商工会とかの青年部って言っても、みんな40代なんですけど。ウチの地域だけなのかな??

しかし、東京への郵便があて先不明で舞い戻る。。
明るい雰囲気の中、なんだか不安に。




こころの感想

見れませんでした。

posted by みっち at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ひよっこ第7話

お父さん、家族全員とスキンシップとって東京へ。

涙をこらえる子ども達に、こっちの方が泣いてしまう。。

美代子さんとは恋愛結婚なのかな??
いつか、その回想が欲しい!!

家から持ってきた風呂敷包みは、お母さんお手製のまんじゅうをすずふり亭へのお礼に。
ポークカツサンドに慣れてなくて、「ポォクカツサンド」になるのが、かわいくてほっこりする
(*´∀`*)

すずふり亭の方もすごく良い人たちで、このドラマはいい人しか出てこないのか?と思ってたら、最後の寄宿舎の暗いトーン。

帰るギリギリまで家のことやってて、東京ではギュウギュウで寝るだけの暗い寄宿舎暮らしで、毎日工事現場で肉体労働・・・。
お父ちゃん、こんなにも家族のために頑張ってるんだな、と終わってからも思い出したり、想像したりして泣けてくるのです。

ヤバイな。

最後のおっちゃんの話す内容は前フリか?それともミスリード?
それにしても、髪型が気になった。

ひょっこりひょうたん島の歌って、歌うと元気が出るよね。
高校の時にみんなで踊った記憶が。
今も色あせない名曲。


こころの感想

見れませんでした。
見る気あんのか?って感じですね。

posted by みっち at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ひよっこ第5話・6話

丁寧だなぁ。
何気ない会話の中に、お互いを思い合う家族の愛情がビシビシと伝わってきて、なんだか毎日目頭が熱くなってます。

新しい靴のお土産。みね子は勿体ないから、卒業式で新しいのを履きたいと取っておく。
弟も寝る時まで履いてるなんて、本当に嬉しくて、夕食の後もきっとはしゃいでたんだろうな。

みね子、大人グループに入れてもらって、ウレシはずかし。
谷田部家の経済状況は明るくないけど、頑張れば希望が持てる

みんなで助け合う稲刈りの風景だけで、なぜ泣けるのだろう?

稲刈りが終わって、小田掛けされた稲を見て、
みね子「きれいだ」
うん、きれいだ。お米を作るってスゴいことや!っていうことに気づかされる。
美味しく大切に食べたくなるな。

稲作でも、洋食屋でも、ひとつひとつの仕事へのリスペクトがあるように思う。
描き方が丁寧で、それまでの背景や物語も短い時間で伝わるものがある。

1週間見てみて、やっぱり、面白い。
見る前の全く興味ない感じだったのを謝りたい。

脚本は岡田惠和さん。
朝ドラ三本目の担当ということで、この15分×6日×24週というスパンのドラマをどう組み立てたらいいのか、相当考えてる気がする。
朝ドラらしく、健気で元気で頑張る女の子とその家族を中心に、ほろりとさせつつ、「あまちゃん」的な要素を取り入れるという、計算された演出。
抜かりない。

なんつーか、面白いので1日に2〜3回見ちゃうと、そういう細かいことまで考えてしまってるわ(笑)

「ちゅらさん」は見てないからわからんけど、続編も作られたし、評判は良いんで、見てみたい。
ま、「おひさま」はなんだか微妙な感じだったんだけど。。



「奇跡の人」は見てみたいと思ってます。



こころの感想

見れませんでした。


posted by みっち at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

ひよっこ第4話

いやぁ。
父が洋食屋でハヤシライスを食べて、田舎に帰って来ただけなのに、
何度も泣きそうになった。

「東京、嫌いにならないでくださいね」
夏ばっぱも、岩手から東京に出てきてイロイロあったというバックボーンを勝手に見てしまうんだけど。
そのうち、鈴子さんというキャラで見れるはず!

土のにおい。
コンクリートを毎日運ぶ仕事してたら、土のにおいが恋しいだろうなぁ。

それにしても、料理を作る様子のおいしそうなこと!!
料理メインのドラマよりも美味しそう

ハヤシライス、食べたくなったわー。
明日のカツサンドが自分が食べれるかのように待ち遠しいし、
子ども達がきっとめちゃくちゃ喜ぶだろうな〜というのが想像できて、もうたまらん。



洋食家でも作れるけど、なかなかお店のようにはいかない。


こころの感想

見れませんでした。
posted by みっち at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひよっこ第3話

「人が暮らしてるところはみんないいとこ」
「離れて暮して、辛いことはあるだろうけど、かわいそうだと思っちゃいけねぇ」

変なおじさんが、単に変なおじさんなだけじゃなく、心と体に傷を持っていて、それをおじいちゃんも皆わかってて、みね子も大人になる過程で気づいてきたんだろうな。

おっかねぇ嫁、しずちゃん。
でも、おそろいのおかっぱで仲良し感はある(笑)


赤坂の洋食屋さんでの出会い。
夏ばっぱがリアスの開店ではなく、洋食屋オープン。
蔵之介が伸びをした後、
「パワーウィズハート!!」
って言いそうやった。(関西限定??)
これこれ↓


あまちゃん、、もう数年前ということに驚き。サントラ安くなってるし。




こころの感想

早速見れてないよねー。

posted by みっち at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする