2014年09月27日

花子とアン第156話(最終話)

最後までブレない宇田川先生も、曲がり角を曲がって行った。

1人だけ不老の醍醐さん。
やっと腹心の友と呼んでもらえて、本当に良かった!!
なぜかそこが一番胸が熱くなったで(笑)


花子のスピーチだけ聞くと、波乱万丈で、あんなこともあった、こんなこもあった、と確かに納得はするんだけど、イマイチ苦労した感じが全く伝わってないので、なんだかなぁ〜(;´Д`)

大正から昭和の初期に、女性で外国語の翻訳という仕事をすることの大変さ、その仕事に魅せられて必死で頑張った主人公の人生を、戦争や女学校時代からの腹心の友との関わり、結婚、出産、息子の死、などなどを交えて描くもんだと思っておりました。

しかし、まさかタイトルにガッツリと入ってるアンが最後の2週間程度しかちゃんと出てこないとは、誰が予想しただろうか。

主人公でない蓮さま人生がここまでクローズアップされて、しかもそっちの方が面白いという。。

でも一番の問題(あ、問題って書いちゃったヾ(´ε`*)ゝ)は花子の仕事に取り組む姿勢をちゃんと描ききらなかったことだな。

不要な内容もたくさんあったのに。
特に、おとうの浮気騒動とかさーーー。

今日の龍一の雰囲気は良かった。なぜだろう?話さなかったから??茂木効果?
最後に書くことがこれって、どうよ?って感じですが、花子とアンはこれにて。





【今日のカーネーション】

「朝からうちと直子のしょーもない喧嘩見せられるんか?」

下手くそなドラマやったら、ホンマにしょーもない喧嘩になってたと思うんやけど、しょーもないものをしょーもないまま、人間臭く描くことで、とっても楽しく見せていただきましたよ。

病院の自動ドアが開く。
あ、糸子が入ってきた!!

「絶対に見せちゃって」て言われて、連れてこられたおばあちゃんは、奈津やろな〜。

そして、これから始まるあなたの物語〜〜♪
って、あれ?!
第一回目を再見した時、このオープニングだけで、脳内は最終回にワープしてて涙ぐみ、今日は第一回目に思いを馳せて涙を流してた。

2回目(ダイジェスト版を含めたら3回?)ということで、展開どころか、この後この人がどういうセリフを言うのかも覚えてたりするのに、見るたびに新しい感覚で感動。

生きてくって、ザラついた感覚と、多少の痛さが伴ってるんだけど、そこらへんを時にコミカルに、時に容赦なく描いてて、見る時の年齢によってもきっと感じ方が違ってくるんやろうな〜〜。

今度見るときには、どういう感じ方をするんだろう?と思える秀逸なドラマでした。

花子とアンの次はマッサンへ。
マッサンはとても期待しています。
カーネーションの後は梅ちゃん先生。これは・・・たまにネタとして見るかな?
こぶ平の「〜〜な梅子でした!」という説明しすぎなナレーションを少し見てみたい気がする。



カーネーションは無限ループで見れる。


posted by みっち at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花子とアン第155話

やっと言葉の推敲のシーン。
邦題の付け方によって、本のイメージや、売り上げにも関わってくるとか。。

それまでの翻訳の仕事でも、そういうのを描いて欲しかった。

「赤毛のアン」
で馴染んでしまってるので、何も考えたことないけど、あの英語タイトルからは、なかなか「赤毛のアン」は思いつかないよなー。

でも日本の感覚では赤毛がどうしてコンプレックスなのか?というのにピンと来ないので、そういう説明とかもドラマの中でいくらでもできたはずなのに・・・どうして盛り込まないという選択に至ったのかが逆に疑問だ。

宇田川先生がパワーアップして花子宅に押しかけて、明日に続く。


図書館というシステムにすごく興味があります。
知の共有。
紙の本だけでなく、もっと情報や知識、ノウハウなどを共有し、コミュニケーションが取れる場所になるような取り組みが多くなってきているようですね。

【今日のカーネーション】

「お母ちゃんはやっぱりうちらより上手や。かなわんわ」

キッチリと自分の最期を見据えての改装やったんやな。
オハラ洋装店の引継ぎはなかなかうまいこといかへんかったけど、見事な引き際を決めれた糸子。

聡子からカーネーションを。

最終回までに主人公が死んでしまう朝ドラ。


posted by みっち at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

花子とアン第154話

曲がり角の先には、脳科学者がいた。
出るのは予告でわかってたけどさ・・・

美里「ひどすぎます!!」

うん、茂木健一郎の演技がすごい破壊力。
この演技は、戦場カメラマンを意識してるんやろうか?
脳を使って演技しろっ!

っつーか、
この脳科学者が出版社社長役に決まった理由が全くわからん!!

でも何だろう?
おかげでちょっと面白かったで。
怖いもの見たさやけど。

美里のアイデンティティの悩みは今更ながら。
会社に帰って読んでると思いきや、なぜ夜の図書館に小鳩書房の二人がいるのか?
謎だらけ。

図書館の床に敷かれたラグがすごく今風で、昨日も違和感だったんですけど。





柳沢さん「なんで茂木さんなの?」「棒読み・・」
イノッチが必死にフォロー
おもろすぎる。

【今日のカーネーション】

糸子が倒れたら、遠くにいてても、何を差し置いても駆けつけてくれる娘三人。
すっぴん晒し大会し、今夜が山だと聞いて泣いてたのに、母親が目を覚ましたら、とっとと帰る。
心配して世話をしてくれる従業員たち。

「果報者や」
この言葉だけで、結婚式を思い出す私たち。

posted by みっち at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

花子とアン第153話

先に蓮さまが出れるかどうかを確認してから、黒澤さんに連絡じゃないのか??

花子思いつく

英治「花子さん、いい考えだと思うよ」

黒澤「いいですよ」


美里図書館を思いつく

英治「やろうよ!」

数年後、英治は副館長。

英治って、もっとやり手の印刷営業マンじゃなかったっけ?
この人、いつも優しい笑顔で花子を見守って、良い夫なんだろうけど、なんだか物足りないわ。
もう印刷会社はいいのかい?

蓮さまの語り口は説得力があってやっぱスゴイなぁ。
ただ、ちょっと思想が偏りすぎてないか?
要は平和と戦争はダメ絶対!ってことで、正論だし、蓮子がずっと訴えてきたことなんだけど、母親を元気付ける内容という点ではズレてる気がしてならない。

ところで、アサイチでやってた、ポポー。
私今日の朝から食べたで。
なんというタイミング。


【今日のカーネーション】

見れませんでした。

posted by みっち at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

花子とアン第152話

あっという間に、かよが戦争孤児を引き取って養子にすることが決まった!!

本当にあっという間で、あっという間で、

アンの物語の中の「マシュー(だっけ?)と同じね」
ってそれを言いたいだけのエピソードなんじゃないのか?

蓮さまは少しだけ黒髪が戻ってきてる。

ところで、花子がラジオで子ども達に
「お国の為に命を捧げなさい」
って語りかけてましたっけ?
どっちか言うと、そういう事を言うのがイヤで番組降板してたのに、この2人のわだかまりの原因もなんだかしっくり来ないんですけど、もう仲直りしたの?

今さらですけど、「花子とアン」のアンの要素が少なすぎて、ビックリしています。
逆に原作に興味が湧いてきたわ。



【今日のカーネーション】

うわ、2階のリフォーム終わってるやん!!
これがまた、跡形もなく違うものになってるから寂しさ倍増やねん。

でも、結局はやってることは同じやねんなぁ。
人が集まるのと、服にまつわるアレコレと。

カステラも、金箔カステラだけじゃなく、昔は神戸のおばあちゃんの家で食べてたやつとかも思い出しますね。

親を亡くすと、その悲しみだけじゃなくて、親が背負ってくれてたものを自分ひとりで背負うことになり、そのプレッシャーに押しつぶされそうになる・・・

自分がいい大人になってからの親の死は、当然来るべきもので、ある意味、人生を全うしてくれたんだから、悲しみは少ないものの、その分、精神的にとか、親に頼ってた部分がぽっかり空いてしまって、途方に暮れるんだろうなぁ。

ってな場面なのに、
台拭きーー!



posted by みっち at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

花子とアン第151話

おとうの遺影は、グッドアフターヌーン仕様。

おかあに「東京で一緒に暮らさない?」

今なら兄やんもいるし、生まれ育った土地なんだから、おかあが東京に行く必要なんてないやん。
一応誘ってみて母親思いな部分を出してみた!
・・・みたいな。

東京へ帰って、闇市では親を失った子ども達がいるというのに、
「子ども達は新しい物語を待っているの」
ってな事を言ってるけど、現実には食べることで必死。

戦争孤児とかよとの出会い。
♪これから始まる あなたの物語〜〜♪

最終週にして始まっちゃっただよ。



【今日のカーネーション】

見れませんでした。

posted by みっち at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする