2013年03月31日

純と愛 全体の感想

面白くないとか、そういうレベルでは語れないほどの問題作でしたね。

全話見終わったのに、話が全く見えねぇ。

面白くなかった理由は、「わからない」ってことに尽きるかも。

まず、
何がテーマなのか、
どんなホテルを作りたいヒロインなのかがわからない!!


そもそも、目標としているおじいが、どれだけ素晴らしい人物で、どんな素晴らしいホテルを経営していたのか?と思いきや、

「魔法の国」、まさかの魅力なし!!

アイタタタ〜〜!

そんな、説得力ゼロでストーリーを進めちゃったもんだから、見てるこっちは、「魔法の国」というキーワードが出てくるたびに、首をかしげることになったのでした。

でもまぁ、始まった時には、ベタに理想のホテルを作るために奮闘するヒロインだと思ってたわけですよ。

な〜の〜にぃ〜、

エピソードがブツ切りで、キャラクターも一貫性がなく、その時に話を持って行きたい方向のためにセリフや設定を後付けしているかのような内容。
しかも、大口を叩いてる割には、何の努力もせず、たまにお寒いギャグみたいな展開もありーのでシラけさせ、かと思えば、母が若年性認知症になったり、父が水死したりと、背負ってる問題は超シビアだったりする。

それらの描き方も浅い浅い。


そして、謎の能力を持った青年と出会い、ストーカー扱いだったのに、なぜか結婚(笑)
本性が見えるという能力も、前半は重要なファクターだったのに、後半で消滅。
どういう意図だったのかが理解できないし、二人がどう見ても、愛し合ってるように見えなかった。

基本的な部分に納得がいかないままストーリーが進むんですよね。
ファンタジーでありえない展開でもいいんですよ。別に。
でも、ドラマならドラマとしてストーリーに説得力を持たせて欲しいのです。

純だけでなく、兄弟たちは仕事を転々とし、働いている様子はほとんど描かず、無駄なエピソードの羅列を重ね、舞台も変わっていく。
金銭面がどうなってるのか?は最早つっこんではいけないぐらいに、宮古と大阪を行き来し、引越しする。

父が死ぬ前にしてた借金とか、模合。大阪のマンションは売ったのか?

豪華な俳優さんたちを集めているのに、見せ場がないし、誰が演じても同じなんじゃ?と思うほど、キャラクターに魅力がなかった。

マリヤとか、愛ママとか、最初の登場の時って、激しいキャラクターしてたでー。
特に、マリヤって堕胎をせまられてた家族とあんなに仲良くやっていけてるって、どんだけ人間できてるねん。

晴海さんも、愛くんをあんなに嫌ってたのに、認知症が発症して、その辺りもうやむやに。


唯一、桐野さんが純に仕事を叩き込んでくれるのか?と思わせといて、違ったし。

お客さんが選んだ道を
「それでいいんですか?」
とお決まりのセリフで改心させ、お世話になった安宿を全焼させたり、

父親が不必要に死んじゃったり、
しかも、父の死より、おじいのホテルが取り壊された時の方が悲しみは深かったという衝撃。。

生きてる時にはあんなに憎んでいた父親なのに、死後はなぜか格上げされたようで、ナレーションは死んだ父に向けて呼びかけるようになる。


「・・・と今決めました」

とかも、流行らせたかったんかな?


最初はすごく期待して、素直に見ようと思ってたはず・・・
と思って、第1話の感想を読み返した。
http://doracheck.seesaa.net/article/294956564.html

1話目から、夏菜の演技がうるさいって書いてるな(笑)
なのに、数話後の感想では、うるさい演技も計算のうちなんじゃないか?
って、一生懸命、このドラマの良い部分を探そうとしているのが今となっては泣けるわ。

でもそういえば、慣れたからかもしれないけど、後半は大人しい演技になったような気がする。

はぁ。とにかく終わった。
お疲れ様でした。ホント、疲れました。


そういえば、大阪、宮古が舞台だった理由もわからない。。
方言を喋ってる人もほとんどいなかったし。

いても激下手くそ!!

まぁ、下手くそな大阪弁を聞いたら、ネイティブの批判がスゴかったやろうし、いいんじゃないの?
というか、ドラマとして、それ以前の問題だったんやけど。

見逃した人は、ある意味良かったのかもしれない、伝説の朝ドラ。



posted by みっち at 17:31| Comment(9) | TrackBack(0) | 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純と愛 第151話(最終回)

いや〜〜まだ天井裏に水が溜まってたとはね〜〜!!

ホテルをまたやるよ!ってことで、今の職場を放棄して、集まるメンバーに唖然。

今日の純の崖の上(?)でのセリフって、朝ドラの1週目の最終話ぐらいにヒロインが決心する場面っぽくなかったですか??

来週から本格的にホテル作りが始まるような気がしたんですけど。。

え〜〜と、純のセリフも聞いててハテナがいっぱいだったんですけど、具体的には何も記憶にありません。
唯一、残ったのが
「純粋な父」

ええっ?何て??(゚Д゚)?ってことぐらいでしょうか。

魔法の国、完成せず【終】

それにしても、あのタイトルバックは、HYの曲じゃないと、妙な気分になりますね。

いや〜〜。
全体的に、何がなんだか?なドラマでした。後々まで語り継がれるんやろうな。

ある意味、伝説の朝ドラを見たっていう気がする。
機会があれば、全体の感想を書きたいと思います。


今日の夜は、なんだか家で宴会になって、「SP」の映画をテレビでやってて、飲みながらSPごっこをやってました(笑)
V6の岡田くんが、来年の大河の黒田官兵衛役ってのも、ちょっと納得いかないな〜とか言いながら。

でもさ、ひらぱ〜〜兄さんが、今度から岡田くんやねん!!
あれ?このCMは関西だけなんかな??

1代目が、ブラマヨの小杉やで!コレやで!!


で、2代目が岡田くん??
そりゃないわー。

もっと庶民的な人がおらんかったんか?!あーーー。岡田くんだと、華がありすぎる。
でもちょっと、楽しみだったりもする。


別冊spoon.の特集。風間俊介『純と愛』最終回を語る。

最終回の演技はチッスされても動かない顔と指をピクリだけだったのに、どんなことを語ってるんやろうか?

posted by みっち at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

純と愛 第150話

晴海さんを認知症にしたのは、

「ここは魔法の国??」

って言わせたかったからか!!

お母さんのリクエストに、だし巻きと豆腐サラダ(?)をチャチャっと作って出したり、雛まつりの歌を音痴じゃなく歌ったり。

この期に及んで、純のキャラがブレまくってますよ!!

キンさんたちが晴海を探してたようですが、キンさんたちの負担を考えてしまったわ。


最近のドラマや漫画って、舞台となる職業や環境って、ものすごく細かい設定で、びっくりしますよね。
ホテルで活躍する女性っていうテーマだけでも、イロイロと描けたと思うのになぁ。

ほんと、職業ってイロイロある。

テーマが一貫してて、そこそこのリアリティがあったら、多少のストーリーの破綻なんか気にならないのに。
ホテルのことが描きたかったのか、家族のことが描きたかったのかも不明。

私がやってみたい仕事の一つが、
スーパーマーケットの万引きGメン!!
どうやったらなれるんやろうか?謎やわー。

posted by みっち at 22:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

純と愛 第149話

純のおかげ祭が盛大に

(┘´▽`)┘-ワッショイワッショイ

と行われておりましたね。


はて・・・?どの辺が純のおかげ?


思い出は美しくなると言っても、美化されすぎやろー!!

チカちゃんも、涙ながらに「結婚式には絶対に出てほしい」

そもそもそんな仲じゃなかったやん。

桐野さんも、歌を聞いてるってより、聞き方が審査員(笑)
桐野さんっぽいっちゃー、ッポイんだけど。

ホテルの改善点をちゃんと指摘してくれてるのに、
「これは愛くんが言ってたことと同じ・・・」

わーお!!
そういうこと言っちゃう?

大先社長も「里やを再建させた」って言ってたけど、
「里やを跡形もなくぶっ潰した」の間違いでは?


ホテル評論家ってこんな??


posted by みっち at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

純と愛 第148話

ん?
みんな、就職があっさりと決まったみたいですけど、

ホテル再開の目処が立ったら、いつでも辞めて戻ってくるの?

ホテル再開って、、とりあえずは掃除とかしなきゃ、目処なんて立たないのでは?
スタッフ全員が仕事に出ちゃったら、余計に再開なんてできないやん。

申し合わせたように、大阪のメンバーが勢ぞろい。

予約を受けた時、
「確か、男の人だったような・・・」
って純は言ってたけど、声で気付かなかったんかい!

「オープンを延期しますという連絡をもらってから、何も連絡がないから」

おい!!ほんまにホテルやる気あんの?

純が愛のことでいっぱいいっぱいだったとしても、他にもスタッフがいっぱいいるんやから、予約してくれた2組(まさか、大先社長とサトさん?)にはフォローを入れとかないと。

お給料を渡してたけど、スタッフがたくさんいるのに、特に働いてもらってないよね。
時間を拘束してるから、給与が発生するのはわかるけど、あの人達は専門職だから、自分の担当以外は何もしません〜〜って立場なん?
自発的に、何かをやろうとしない人たち。

もっと一丸となってホテル経営をやっていけばいいのに。


サトさんも脚本家デビューしてた。
脚本家になったら、ああいう格好になるんか。
サトさんってそういう格好に構うようなキャラじゃなかったやん。

きっと、わかりやすくサトさんの脚本家デビューを視覚化するために「いわゆる業界人」みたいな服装にして、ついでに、その変わりっぷりにちょこっと笑ってもらえたらいい。っていうだけの理由なんだろうけど。


脚本家になるには、シナリオコンクールで入賞するのが近道なのかな?

どんなジャンルでも攻略本ってありますね。

posted by みっち at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

純と愛 第147話

やっぱり待田家から入院費とかは出してもらってたんやね。

誠「私、医者になる!!」

いいんやけどさ、
まこっちゃんのちょっと前の悩みもそうやったけど、

小学生の思考かっ?!

勉強はできるんかもしれんが、文系から理系ってハードル高いやろ。


それにしても、いくら愛が大変な状態だからといって、家族全員が宮古島に1ヶ月も滞在?

剛も誠にチュウされて浮かれてたけど、アンタも個展はどうした!!

浮かれついでに描いてたイラスト、

ありがとウサギに見えたで。

ぽぽぽぽーん♪って脳内で再生されたやんか!

ホテルの2階は普通に使えるようになってましたね。
ここの部屋の壁はキレイやん。
でも、意識不明の夫の世話、、病院じゃなくて大丈夫なんやろうか??
元からなかったけど、点滴やらもしてないし、排泄も自分でできないんじゃ。


まあね、医者になるにしても、ホテル経営を目指すにしても、きっかけなんて何でもいいんですよ。
その過程がドラマになるんじゃないんかい??


posted by みっち at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする