2017年09月17日

さぼリーマン甘太朗

イチオシのドラマです。

尾上松也が演じる、甘太朗が、外回り営業の仕事をサボってスイーツ・・・いや、甘味を食べるというドラマなのです。

何が見所かと言うと、そりゃもう、

甘味を食べる松也の変態っぷり!!!

お目当てのスィーツをひと口食べて白目を剥き、斜め上の想像の世界にトリップする松也。
そのシュールさが病みつきになるのです。

かき氷を最高のコンディションで食べるために、炎天下でスーツの下にヒートテックを着たりしちゃう。
甘いもの禁止のお母さんを寝かしつけ、その前でエロくエクレアを食べちゃう。

舐め甘ダブツ
舐め甘ダブツ


もうね、これ文章で書いても全然伝わらないと思うので、一度見る機会があれば見て欲しい。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantarou/
放送が見れる地域が限られるかもしれないけど。

深夜のスイーツ版、飯テロドラマかと思ったら、もちろん美味しそうで、食べたい〜〜!!ってなるんだけど、そんなことよりも、次はどんなド変態っぷりを堪能させてくれるのか?というのが楽しみ。

原作。原作越えしたかも?




posted by みっち at 00:47| Comment(0) | その他、見たドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

逃げ恥ロス・・・

わかりやすくハマリ、
わかりやすくロスになる自分。。

パロディが楽しい!
情熱大陸、
ザ・ベストテン、
新婚さんいらっしゃい!
なんでも鑑定団
東京フレンドパーク、
家政婦は見た
そして、まさかの真田丸。

毎週楽しみで、大笑いし、2人が家族になるってことについて、ちょっと考えたり。

しかし、ナンダカンダで、
乙葉の幸せオーラが半端なく、そこでアドレナリンがドバッと出て、最終回の思い出があんまりない(笑)



久々の大ヒットでした。

真田丸も終わっちゃって、これがロスか・・・となってます。

posted by みっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他、見たドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

最近見たドラマ

すっかり朝ドラの感想を書くことから遠ざかってしまってましたが、生きてます。
そして、ちゃんと見ています。

最近ハマって見てるのが、

逃げるは恥だが役に立つ。

星野源にこんなにキュンキュンすることになろうとは!!

あれやで、星野源を朝ドラ的に言えば、ゲゲゲの女房で、ワカメだかアサリだかを採りに海へ行って、足を踏み外して死んではったんやで。

去年に紅白に出た時から、なんか扱いが変ったな〜とは思ってたんだけど、まさかガッキーの相手役とか、めっちゃ出世した感が半端ないなぁ。

とか思いつつ、プロの独身の魅力ともどかしさにメロメロになってます。
カワイすぎかっ!!
ダブルヒロインかっ!!




そして、相変わらず真田丸は面白い。
あと数回で終わり・・・さみしいなぁ。
今年は豊臣方が勝ちそうな気がしてたけど、雲行きが怪しくなってきたしな。





posted by みっち at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | その他、見たドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

トットてれび

満島ひかり、おそろしい子っ!!!

なんなん?
口調というか、ちょっと裏返り気味になりそうな声のトーンが徹子っぽい!!

ピョン吉の声も自分のものにしてたし、

満島ひかり、おそろしい子っ!!!

朝ドラで「おひさま」の時に、満島ひかりの演じてた役のおばあさんになった時の配役が、黒柳徹子だったのですよ。
そういう部分にニヤリとしちゃったりして。

笠木しづこの買い物ブギ、中納良恵がこの前、BSのcoversで歌ってて、良いなぁ〜と思った。
頭に残るし、ついつい歌っちゃいますね。







posted by みっち at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | その他、見たドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

精霊の守り人第1回

こういうファンタジーは理解と慣れるのに私は時間がかかるので、あんまりハマれないのでは?
と思ってたんですけど、楽しく見れた!

映像が圧巻。

綾瀬はるかが、いつものふんわりした印象がなく、キリッとしてて良い。

綾瀬はるかと木村文乃の入浴シーンだけでええんとちゃうか?

藤原竜也の長髪が似合ってない・・・。

せっかくの高島礼子なのに、あんなにメイクしたら、高島礼子である意味があるのか、ないのか?

王子がいたって普通の子どもすぎるので、守るべき人物として納得できるように、もうちょっと聡明そうにしたらいいのに。

なんとなく漂うジブリ感と、韓国の大河ドラマ感があって、日本のドラマなんだから、もうちょっと和風テイストのデザインを取り入れて欲しかった。。

面白かったけど、名前とか関係性が、その場ではわかるんだけど、頭に入らない(笑)

なんだかんだ言って、このドラマは映像を見てるだけでも価値がありそうな気がするので、見るんだろうな。





posted by みっち at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、見たドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

下町ロケット(最終回)

見てなかったんだけど、日曜に7時からダイジェストやってたんで、見ちゃった♥

印象的なのが、顔のどアップでキメゼリフ?を言う言う!!

小泉孝太郎が悪役っていうのが新鮮やわー。

そして、吉川晃司演じる、財前のカッコよさ!
何やねん!あの体型は!(←そこ?)

財前に貫禄がありすぎなのに対し、
その上司らしい、男達の小者っぷりが、マンガみたい。

今田耕司が目をパチクリ開いて頑張って話してるのを見て、カワイイなぁって思ってしまったり、
さらにつぶらな目のバカリズムもスカッとさせてくれたし。
そういうキャスティングの意外さもあったのか、すごく話題になってるっぽかった。

ダイジェストを見てるときのCM中に最終回予告で
「この首、取れるもんなら取ってみなさいよ」
と椎名(孝太郎)がイヤミっぽく言ってるシーンが何回も流れたんだけど、

本編で、そのセリフの後、ソッコーでやられてて、いやいや、それ早すぎやろ!って思ったのは私だけではないはず。

3年後、種子島でロボットを飛ばした佃メンバーの前にワイルドないでたちで現れる椎名。

てっきり、安納芋の品種改良をしてるんかと思った。

なぜかスーツケースでどこかへ行く様子の財前。
ちゃっかり帝国重工の社員になってるまれ・・じゃなく佃の娘(名前わからん)

日曜劇場は半沢直樹の大ヒットもあってか、こういう路線をガンガンに狙ってドラマ作りしてくるようになりましたねー。
半沢と下町ロケットのような大ヒットドラマの間に、同じような意図で作られてるのに、なぜかあまり話題にならないドラマに出演している、唐沢寿明が気になる。
ルーズベルトゲームとか、ナポレオンの村とか。





どっちも面白かったんですけどねー。インパクトが少し弱いんかな?




posted by みっち at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、見たドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする