2017年08月27日

おんな城主直虎第34回

いやぁ。。気賀があんなことになるなんて、油断しておったわい。
だからこそ、今まで、気賀を手に入れるまで、城を築くまでを丁寧に描いてたのね。。

しかもさ、ドラマの内容よりも、最後の直虎紀行の紹介の方がエグいというのが強烈なのと、先週の井伊谷が家老一人の首で収まったのに対し、気賀はムロが逃げたせいで民が犠牲にという対比が鮮やか。

政次ロスをひきずって、井伊谷の今後がどうなるのか?と思っていたら、容赦ないわ。

直虎の心の閉じ方が、また泣けるし、
その様子に寄りそってくれる南渓和尚と兄弟子達。

でも、南渓和尚の心のケアも頼みます!!!
次郎のPTSD(政次ロス)も心配やけど、和尚さんの辛そうな表情を見てるこっちが辛い。
そりゃあ、良い人だった鈴木さんにも嫌味のひとつも言うやろ。

政次の時世の句が、直虎の目を現実に引き戻すきっかけになったのですね。

白黒を
つけむと君を一人待つ
天つたう日ぞ
楽しからずや

この句、本当によくできてて、
私は3パターンの意味があるな、と思ったのですが。
まず、「天伝う」は「夕日」の枕詞なので、「日」は沈む日を指してます。

【1】34話で昊天さんの解釈
あなたがこちらに来て、碁ができる日をあの世で待っています。
一人で待つのも悪くないからゆっくりおいで。

【2】二人が碁を打つのは人目をはばかり夜であったことを踏まえて
あなたと碁を打つ時を一人待つ、黄昏時のなんと楽しいことよ。

【3】井伊家を裏切って罰を受ける家老として
あの世で決着をつけようぞ、井伊家が滅ぶ日が待ち遠しい。

考えれば考えるほど、深く味わいがあるなぁ。

posted by みっち at 23:35| Comment(0) | 大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。