2017年04月21日

ひよっこ第16話

どこかイラッとするアナウンス。

便乗。あやかろうと。
いかにも三男と言われる三男。
おばあちゃん。
重鎮なじいちゃん。
めんこい千代子。
もやしっ子とは違う田舎っ子。
(気持ち悪く笑う三男)
夢の翼が折れないことを何度も祈られる時子。
これでも昔は一二を争う。田舎も侮れません。
→→侮どんな!!
まるで金メダルでも取ったかのような。

内容はどうであれ、NHKがめっちゃ時間割いて放送してくれてるやん!!

1日でリアルタイムの様子を。
次の日にはニュースで編集された様子を。

前日とほぼ同じ内容なのに、本人たちが見ながらアナウンスにつっこみを入れるという構造が面白い。

映ってる人の事情とかを知らない、(どこか田舎を見下してる)東京の人が好き勝手に編集すると、あんな風になるんだな。
まぁあそこまで癪にさわること言わないだろうけど。

お父さんが、国立競技場を作ったことを誇らしく思う子どもたち。






こころの感想

あまりにも見てなくて、今日初めてこころが客室乗務員?であることを知る。
CAと医者のカップルって、全然伝わってなかったトレンディな設定。

なぜに、のっぺ汁を玄関先に置く?
というか、その箱型の容器に汁物を入れる?

posted by みっち at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日の「NHKの弱みを握ってる」といい、最近自虐的に演出するNHKを感じます。

前日と同じ内容でも視点を変えると二度おいしい!

今後、お父ちゃんの失踪をどう説得力をもたせて持っていくのか興味があります。
Posted by ふく at 2017年04月21日 10:34
自虐が笑えるネタになるのなら、いいですよね。
有働さんがすかさずフォロー入れてましたが。

お父ちゃん、事件なのか、自分の意志なのか・・・?
Posted by みっち at 2017年04月25日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック