2017年04月10日

ひよっこ第7話

お父さん、家族全員とスキンシップとって東京へ。

涙をこらえる子ども達に、こっちの方が泣いてしまう。。

美代子さんとは恋愛結婚なのかな??
いつか、その回想が欲しい!!

家から持ってきた風呂敷包みは、お母さんお手製のまんじゅうをすずふり亭へのお礼に。
ポークカツサンドに慣れてなくて、「ポォクカツサンド」になるのが、かわいくてほっこりする
(*´∀`*)

すずふり亭の方もすごく良い人たちで、このドラマはいい人しか出てこないのか?と思ってたら、最後の寄宿舎の暗いトーン。

帰るギリギリまで家のことやってて、東京ではギュウギュウで寝るだけの暗い寄宿舎暮らしで、毎日工事現場で肉体労働・・・。
お父ちゃん、こんなにも家族のために頑張ってるんだな、と終わってからも思い出したり、想像したりして泣けてくるのです。

ヤバイな。

最後のおっちゃんの話す内容は前フリか?それともミスリード?
それにしても、髪型が気になった。

ひょっこりひょうたん島の歌って、歌うと元気が出るよね。
高校の時にみんなで踊った記憶が。
今も色あせない名曲。


こころの感想

見れませんでした。
見る気あんのか?って感じですね。

posted by みっち at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひよっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする