2016年02月27日

あさが来た第126話

「僥倖の極み!!」

宣ちゃん、単にカブレやすいだけのような気も。
若さと痛さと、カブレやすさ(笑)
そして、やっぱりお嬢だった。

ついでに東柳くんも名門の家というのを、わざわざ説明する男子学生たち。

認識を改めざるを得ない、成澤先生は変人枠じゃなく一応顔面の良き男枠やったんやな。

亀助とふゆの娘は、なつ。
そして、この子が成長して、北三陸の伝説の海女に・・・(違)
さすがに、ふゆは出ないよな〜。

娘に悪い虫が付かないかと、心配やし、嫁にも行かせたくないし、の新次郎。
医者の話を都合よく解釈して、動き回るだろう、と全く信用されていないし、すっかり性格が読まれてる、あさ。
雁助さんからの手紙、複雑な表情のうめと、読ませてもらえない栄三郎。

お菊さん、痛がりすぎー。
大阪で山王寺屋ののれんを上げる夢をくだかれ、腰をいわして、踏んだり蹴ったり。

今日も内容盛りだくさんだしたな!


【今日のどんど晴れ】

見れませんでした。

posted by みっち at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あさが来た第125話

大隈夫人の綾子をはじめ、署名に妻の名前が並んでるというのに、予想以上にウルっときた。

ついに帰阪の亀助。
頭取の最近の貫禄は目を見張るもんがある。
役員秘書が支店長と比べて偉いのかどうかはわからんけど、亀助にしかできへん仕事ってことは確か。
でも、うめに聞いてわかるわけないやん。
「へぇさんかて支配人やのに」ってナニゲにへぇさんへの対抗心。

エリート学生「やぁ!リンゴちゃん」
こそばいこと言うやっちゃなー(*´Д`*)

でもまんざらでもない千代。
別嬪=リンゴ。リンゴちゃんと呼ばれる千代。
ほんまに、もう!

そりゃ、刺されて入院している親ってだけで、ただ者じゃないのに、まさかの母親(笑)

はつこそが、女性の持つ柔らかい心で、いつの間にやら家族全員を手玉にとってコロコロと転がしてる魔性の女という気がしないでもない。
ほんの少しの登場なのに、夫をコロコロと転がしてる妻というのがムンムンに出てる綾子。

でも、それをわかって転がされている夫の懐の深さも感じるのさ。

養之助、せっちゃんとの結婚は何年後?結納の品を大阪で買ってたみたいやけど。

婚約者のせっちゃんやら、亀助の代わりに九州に行く柴田やら、炭鉱の副支配人のよっちゃんやら、
登場しないけど(せっちゃんはしてたな・・)ドラマに出てこない部分でもストーリーが進んでて、そういうのがいい。

あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
九転び十起き
・・・この言葉だけは、なーんか馴染めへんわー。
語呂が悪いねん。


【今日のどんど晴れ】

見れませんでした。

posted by みっち at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

あさが来た第124話

はつ「番頭さんも、ほんまにおおきに」
亀助、久しぶりに番頭さんって呼ばれたんとちゃうかな。

はつに、
「そないなもん(女子の高等教育)、ほんまに必要なんだすか?」
とか言わせちゃう。

なのに、はつ自身が、勉強と社会との繋がりの機会に恵まれなかったために、孤独を感じてたのを引き合いに出して、納得させちゃう。

新次郎と惣兵衛の仲の良さを見ると嬉しくなる。

「別嬪だな」
そんな、顔見て言うなやー!

男子は女子に少し下にいてて欲しいんですと。。
女学校でそんなこと教えてくれるんや!!
意外としたたかな実学を教えてくれる女学校やな。



【今日のどんど晴れ】

見れませんでした。

その代わり。。
【今日のちかえもん】

相変わらずの面白さ!!

♪近松が夜なべ〜をして浄瑠璃書いていた〜
だけで終わるかと思ったら、
おおさか・たそがれ(藤本有紀さんは、五木ヒロシが好きなんかな?)

さらに、
♪母さんが夜なべ〜をして、羽織を縫ってくれた〜〜。

ルルル〜〜て(笑)

まさか、万吉が朝鮮人参を摩り替えてるとは。
朝鮮人参風味の不孝糖で、風邪が治ったちかえもん。

近松門左衛門51歳、プロポーズしてしもたぁ〜〜

ちかえもんがカワイイったらありゃしない。
腕毛濃いな!!

いちいち笑える、心中物語。
・・・とか言いながら、実は曽根崎心中ってあんまり知らん。
この機会に読んでみようかな?




posted by みっち at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

あさが来た第122話・123話

千代の、というか、小芝風花ちゃんの
お母ちゃんにかまってほしくて、でも減らず口をたたいてしまう思春期の娘の感じがすごくいい。
下手な子だったら、単にムカつく娘になりそうやん。

病院で出会ったイケメン(高学歴っぽい)学生が結婚相手かねー??
なんだよ、ホント!!うらやましいな!!

はつと惣兵衛とも寝てる藍之助の前でいちゃいちゃしとるし、
あさも土方との思い出を語りつつ、ムフフなことを思い出してるし、

なんだよ、ホント!!うらやましいな!!

妻と娘の話を寝たフリして聞いてる新次郎。
サラリと新婚の時に美和さんとこに逃げてたのをバラされる。

久々の大阪で銀行に変わっちゃった加野屋にとまどう亀助。
わかるわー。
私もまだなじめん(笑)

朝ドラって帝国大学出身という人が必ず出てくるような気がする。




【今日のどんど晴れ】

見れませんでした。

posted by みっち at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

あさが来た第121話

千代、お母ちゃんの意識が戻ったと知って、目の前にいる男前のお父ちゃんに抱きつくのではなく、うめに行くのかーー!!

おじいちゃん、あさを追い返すのかと思いきや、
「待ってたで」
さすが、おじいちゃん。

五代さまや、正吉さんも夢に登場。
編集したんかな?それともわざわざ撮影?

亀助さんも九州から来たんだから、しばらく大阪にいて欲しい。

織田作之助が、五代友厚を題材に小説書いてるとは知らなんだ。


メモリアルブックの発売とか言われると、終わりが近づいてきてるのが迫ってるのを感じてしまい、なんだか切ないな。


【今日のどんど晴れ】

見れませんでした。
最近はずっと夜に見てるから、どうなってるのか、さっぱりぽん。
posted by みっち at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

真田丸第7話

父上、今日も絶好調。
経験に裏打ちされた勘、と言いながらも、

「でもまあ結構間違える」
えぇっーー?!!


たしかに、一益が意外と裏表のないエエ奴なのに、岩櫃と沼田を先手打って兵を送ってちゃってて、逆鱗に触れてるし!

ばば様、人質なのに、城主にビンタ(笑)

今のところ、きりはうっとおしい女の役。
ああいう場面に限って、なんで忘れ物を取りに行くことになるんだろうね?

清須会議はまた別の話・・・。


posted by みっち at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする