2015年09月28日

あさが来た第1話

何や?この安定感!!!

波瑠の京都弁の上手さにびっくらぽん。←あんまり狙って使わんといて欲しいけど。
ナレーションが安心して聞ける。
友近が一番役柄を掴んでいるように見えた。
そろばんの正しい遊び方→怒られる。
近藤正臣は朝ドラヒロインの義理の父、何回目や?
豪商の娘で、玉木宏が生まれたときからの許婚て、うらやましすぎ。
最初の出会いは最悪という、これまた王道。

なのに、許婚の出会いで一気にただようロリコン臭(笑)

子役の子はかわいいし上手なんだけど、早く波瑠になって、心ざわつきを払拭してほしい。
八重の桜の女の子やな。

モデルは広岡浅子さん。
結構すごい人生を送ってる人なので、骨太の朝ドラを期待しております。


【今日のあまちゃん】

151話→http://doracheck.seesaa.net/article/375539031.html

posted by みっち at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

あさが来たの予告を見て

木に登ってたよね。

不安。

絵に描いたようなお転婆娘の演出らしい。

でも、私はどっちかと言うと、大阪製作の朝ドラの方が、性に合ってるみたいなので、期待はしてます。

posted by みっち at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まれ第155話・156話(最終話)

終わったね。
いやはや、終わったよ。

徹が帰ってきて、その後のあっけなさ。
山口さんにずっと送金してたって・・・あーた、会社を倒産させたときにスタッフ何人いたんや?
全員に償うんじゃなくて、脅してた山口にだけ送るって、別の反感を買いそうやし、それで気持ちが届いてるって何だそりゃ。

今さらながらの結婚式。
家の中でやってんのに、まれは靴履いてたことにビックリ。
感謝のスピーチなのに、これまでの名セリフ(だとされてる?)の羅列で、それだけ聞いてる人は、理解できないのでは?

何よりも、
パティシエとしての中途半端さ。
最後のシーンの泡立て方も、日本を代表するパティシエの手つきには思えないし、そもそも力が入りすぎてて、見てて疲れた。

なーんかさ、全編を通して、いい話としてまとめようとしてて、それに丸め込まれそうになったりもするんだけど、なんか違うのですよ。

ずーっとすっきりとしないまま終わっちゃった。

オープニングの歌も受け入れられないし、
魔女姫のビジュアルも受け入れられないし、
失敗オッパイが重要ワードになってることも受け入れられない。
そして、結局よくわからなかった高志のコミュ障を理解するみのりとの関係と両親の謎。

ギャグパートも、良い話も、薄ぼんやりしてた印象。

良い話だったっぽい、船越の駄菓子ケーキなんかは、逆にギャグか?って思ったし。
このドラマのセンスが全体的に合ってなかったのかな。

まれはこういうドラマでした。


気を取り直して、月曜から「あさが来た!」です。


【今日のあまちゃん】

149話→http://doracheck.seesaa.net/article/375328260.html
150話→http://doracheck.seesaa.net/article/375377099.html

あまちゃんの最終週に向けてのワクワク感と同時に来る寂寥感。

posted by みっち at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

まれ第153話・154話

やらない理由はないのに、不自然に結婚式をスルーしてたけど、ここで徹をおびき寄せる(笑)ために結婚式を使うか??

ていうか、コンクールの会場に徹がいたはずなのに、終わってから探そうとしてなかったよな。
まれは無理でも、圭太も一徹もいるんだから、手分けして探せばいいのに。

でもコンクールの様子とかは良い感じだった!!

ロベール幸枝も登場。
「険しい道よ…でも素晴らしい道。
大悟も迷いながらこの道を歩いてる。あなたも行きなさい。まだまだこれからよ」

そういうのを全編にちりばめてほしかったんですけど。

石川県のママさんパティシエコンテストという狭いコンテストですら、負けてたのに、一気に日本予選で5位。。
まぁいいんだけど、レベルアップした!っていうのがわかりにくくてさ。

コンクールと徹のことをぶち込むから、流れも散漫になるし、どっちも大切なことなんだろうけど、まれにとって、今!しかないのはコンクールやん。
徹のこと10年も探そうとしてなかったくせに、大輔が見かけたって話持ってきたから、思い出して探してるようにしか見えない。





【今日のあまちゃん】

147話→http://doracheck.seesaa.net/article/375113937.html
148話→http://doracheck.seesaa.net/article/375203047.html

posted by みっち at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

まれ第148話〜152話

ずっと感想が書けませんでした。。

徹が生きてた。
大輔はそれを知らせにきてた。
飴細工をやってるシーンなんて全くなかったのに、「久しぶりやさけ」と言っちゃうまれ。
一徹が泊まり?で所沢に探しに行ってるのに、まれだけ気づいていない不自然さ。
ブログのコメントで、「お父さんから連絡があった!」と騒ぐ。
しかし、徹=貝殻おじさんのイメージゼロなんですが。
沙耶は時間を測るだけの楽なバイト。

まぁ、いろいろあって、コンクール当日。

陶子「意地見せなさいよ、女だって子供がいたって、世界一のパティシエになれるって」
なぜそういうセリフを陶子に言わせるんやろう?
陶子はそういうのを捨てて頑張っているというプライドがある人なのに。

大悟がコンクールの途中に徹のことについて話しかけるのにイライラ。
さらに、一子が会場内をウロウロしすぎなのにもイライラ。

っていうか、大悟は徹がバースデーケーキを注文しに来たのを覚えてたんなら、徹が横浜の寮?に転がり込んできた時に言わない?

それに、まれが師匠であるロベールの弟子だったとわかった時に魔女姫の人形のことにも触れてたやん。
細かいところで整合性が取れてないんですけど。

余計なことを知って、コンクールという大舞台で、余計なことをしだすヒロイン。

そもそも、最初から出てる割には、この魔女姫のデザインに親近感を全く感じないんだよな〜。


【今日のあまちゃん】

142話→http://doracheck.seesaa.net/article/374648238.html
143話→http://doracheck.seesaa.net/article/374744082.html
144話→http://doracheck.seesaa.net/article/374763715.html
145話→http://doracheck.seesaa.net/article/374935510.html
146話→http://doracheck.seesaa.net/article/375087831.html

posted by みっち at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

まれ第146話・147話

この前は、干からびたケーキはお客さまに出せない!!って言ってたけど、その後は改良されたんやろうか?
シェフが食べるから、気合を入れて作ってたみたいやけど。
そこんとこじゃないのかな?ドラマで取り上げるべき部分は。

そんなことは華麗にスルーされ、大輔まで来ちゃったよ。
今さらながら、まれとの恋愛アレコレを蒸し返して圭太がやきもきとか、もういいし。

えぇ〜っと、今は世界大会の日本予選に出るって話でいいんかな?
そして、大輔が能登にやって来た真相はいかに?

ダメだ。。。ちょっと今仕事がバタバタしてて、見てても全然内容が入ってきてない。。
イロイロと勘違いしてて書いてたらスミマセン。

柳楽優弥の演技が能登のグダグダした中に入ると、1人やっぱ上手い感じがするわ。

【今日のあまちゃん】

140話→http://doracheck.seesaa.net/article/374461324.html
141話→http://doracheck.seesaa.net/article/374548610.html

2年前にも多忙で、円形脱毛症になってた(笑)

posted by みっち at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする